ホーム>指導方針

指導方針

基本理念

“ボクシングを通して心身の健全化”

“プロボクサー、アマチュアボクシング、ちびっ子ボクシングなど実戦希望する会員の専門的な指導”

スローガン

「ボクサーである前に人間たれ」

基本理念

プロフェッショナルからアマチュア、下は5歳から・・・歳はいってるが気持ちだけは青春まっただ中という方まで!
男女を問わず幅広い年齢層の会員が汗を流してがんばっています!

 

当ジムでは・・

1.心身の健全化を目指し指導致します

体力の維持や増進、身体の鍛錬、怪我や病気の予防、ストレスの発散、ダイエットなど、会員の方々の目的や希望に応じた指導をしていきます。
また、身体状態や年齢など個々に合った形での体操や運動をして頂き、“自分の健康は自分で守る”ことに役立てて頂きます。

2.青少年の健全育成に尽力します

お子様について、ご両親、または本人から様々なご相談を承ってきました。
近年では「両親以外とは喋らない」「誰にも相手にされず孤独」「自主性がない」「協調性がない」等のご相談が多く感じます。
また「親にも叩かれたことがない」「喧嘩をしたことがない」という痛みを知らない子供達がほとんどです。
そこで、ボクシングを通して、個々の個性や長所を伸ばしていくと共に、人間としての規律や道徳・他人との関わり
(上下関係や同年代との関わり方)というものを指導していきます。
ボクシングという個人競技であっても決して一人だけでは成り立たない、数多くの仲間の協力が必要であること、目標に向けて辛く苦しい練習をする風景、殴る恐怖・殴られる痛み、本気で熱くなる姿などを体感することにより、人間としての尊厳や誇り・思いやりや優しさを感じ取って頂きます。
更に様々な年齢層の会員が集まる中で、会員同士の助け合いやふれあいを通し、同世代はもちろん、違う世代の人々の意識や考え方などを学び共有する場として頂きます。
そして、実社会においても役立てて頂けるように人間関係の健全化、人としての健全育成を行っていきます。

3.プロボクサーの育成目標は世界チャンピオンです

選手の指導・育成方法としては、世界チャンピオンを輩出した実績もある、先代からの指導・育成方法の良い部分を引き継ぐと共に、新しい技術や健康管理方法等を取り入れていきます。
アマチュア及び中学生以下(ちびっ子)の試合出場希望者に関しては、試合を行う為の心構えや実践的な練習を指導していき、選手個々の目標に達することが出来るようにサポートしていきます。

ページ上部へ